日本化学会

閉じる

トップ>オピニオン >化学と教育 徒然草

化学と教育 徒然草

会誌「化学と教育」連載の巻頭言【徒然草】では、産官学の様々な立場から化学教育に携わって頂いている方々に、教育に対する想いなどを綴っていただいています。

68巻 / 2020年(PDF版) pdf

5号 化学ギークのすすめ

山口潤一郎

4号 理科教育で教えるべき内容は

坪村太郎

3号 求められる専門性と多様性

島ノ江憲剛

2号 すぐそばにいること

笠井香代子

1号 化学教育と化学史

河野俊哉

67巻 / 2019年(PDF版) pdf

12号 自然観察とメモのすすめ

山﨑友紀

11号 次世代の中高生に托すもの

丸岡啓二

10号 結晶と化学―分子間相互作用の解明を―

大橋裕二

9号 SDGsとGSC

今井  泉

8号 実験は学びの場

中村栄子

7号 理科教育のムラ文化

渡辺  正

6号 興味・関心

横井邦彦

5号 頂いた機会に思うこと

久保貴哉

4号 教育の需要と供給

久新荘一郎

3号 失敗のすすめ

大石  徹

2号 化学と教育50年

妻木貴雄

1号 1sの2, 2sの2...

吉田久美