日本化学会

閉じる

トップ>オピニオン >論説

論説

ここに載せた論説は、日本化学会論説委員または論説委員会が依頼した執筆によるもので、文責は基本的には執筆者にあります。日本化学会では、この内容が当会にとって重要な意見として認め掲載するものです。〔論説委員会〕

化工誌編集委員会監修のもと2009年より翻訳・掲載してまいりました英文記事は、経費削減のため2012年3月号を持ちまして休止することとなりましたのでご報告いたします。

70巻 / 2017年(PDF版) pdf

12号 大学発ベンチャーに挑戦しよう!―いよいよ環境は整った―

伊藤 毅

11号 IUPAC を日本の化学者の国際活動の場としよう

山内 薫

10号 「教育の場」から「自ら学ぶ場」への転換を―新たなSBL の試み―

岡田益男

10号 One-world chemistry と地球の持続可能性の探求

Henning HOPF, Goverdhan MEHTA, Alain KRIEF, Stephen A. MATLIN

10号 One-world chemistry and the quest for global sustainability

Henning HOPF, Goverdhan MEHTA, Alain KRIEF,Stephen A. MATLIN

9号 民間企業で活躍できる研究者とは?

射場英紀

8号 非線形の生命科学に化学の参画を

桜田一洋

8号 野依良治「曰本の科学技術力の再生はあるか」(2017 年4 月号掲載)に対する読者からの意見

7号 大学改革は大学人の意識の覚醒と自助努力から始まる

上山隆大

6号 日本の大学改革

林 民生

5号 わが国の国際化からグローバル化への課題

巽 和行

4号 日本の科学技術力の再生はあるか

野依良治

3号 研究好きの大学院生が研究に熱中できる仕組みを産学でつくりませんか?

相田卓三 

2号 財政的危機状態にある大学と今後の課題

渡辺芳人 

1号 SDGs-STI プロジェクトJapan の推進 国連・持続可能な開発目標2030 アジェンダへの日本の科学技術の寄与

有本建男 

1号 やっぱり,基礎研究!

藤田 誠 

69巻 / 2016年(PDF版) pdf

12号 化学の魅力を伝えるために

山口潤一郎 (早稲田大学理工学術院 准教授・Chem-Station 代表)

11号 我が国の高等専門学校の将来に向けて

谷口 功 ((独)国立高等専門学校機構 理事長/日本化学会 副会長)

10号 育て! 「よりよい世界を創る人材」―リベラルアーツのすすめ―

上野京子 (化学情報協会 情報事業部)

9号 化学界がリードする新しい産業連関の構築

中鉢良治 (国立研究開発法人産業技術総合研究所 理事長)

8号 「おもしろい」の法則

上杉志成 (京都大学WPI-iCeMS・化学研究所 教授)

8号 産学連携で大学を強くするために

川上伸昭 (文部科学省 科学技術・学術政策研究所長)

7号 アカデミックな雰囲気が研究者を「醸成」させる

北川 宏 (京都大学教授(大学院理学研究科化学専攻)・理事補(研究担当))

6号 経済成長を牽引する科学技術イノベーション戦略―第5 期科学技術基本計画への思い―

久間和生 (内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 議員)

5号 産業界からの大学(院)教育への要望と期待―山野井論説から10 年が経過して

浦田尚男 ((株)三菱ケミカルホールディングス 顧問)

4号 技術屋もたまには工学でない本から方法論を学ぶのも面白い

小豆畑 茂 (株式会社日立製作所 フェロー)

3号 指定国立大学(仮称)は経営的感覚をもって大学改革にあたれ

菅 裕明 (東京大学大学院理学系研究科化学専攻 教授)

3号 21 世紀は科学技術の方法の革新を迫っている

有本建男 (政策研究大学院大学 教授・科学技術イノベーションプログラム・ディレクター (兼)科学技術振興機構・研究開発戦略センター 上席フェロー)

2号 高大接続改革と新テストの導入

山内 薫 (東京大学大学院理学系研究科)

1号 若手研究者が育つ条件

細野秀雄 (東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授・元素戦略研究センター長)