日本化学会

閉じる

トップ>化学を知る・楽しむ >化学遺産 >化学遺産認定事業と化学語り部:オーラルヒストリー

化学遺産認定事業と化学語り部:オーラルヒストリー

 化学遺産とは

平成20年3月発足した「化学遺産委員会」では、現在、(1)我が国の化学・化学技術史に関する歴史的に貴重な資料等の調査・収集・保管、(2)化学関連の研究・技術等で大きな功績を残された高名な化学関係諸先達にインタビューを行い、それを映像と音声及び冊子体で後世に残す事業[化学語り部:オーラルヒストリー事業]、(3)会員及び一般市民を対象とする化学・化学技術史に関する普及・啓発事業の実施[化学遺産市民公開講座・化学史料展示会の開催]、を重点的な活動として行っています。

平成22度からは新たに、(4)世界に誇る我が国の化学関連の文化遺産を認定し、それらの情報を社会に向けて発信する「化学遺産認定事業」を理事会の承認を得て開始しております。

なお、化学遺産委員会は皆様のご寄附にて成り立っております。活動にご賛同いただけます方はご寄附を賜りますようお願い申し上げます。寄付のお申込みは方法はこちら

化学遺産認定

  第8回化学遺産認定

  第7回化学遺産認定

  第6回化学遺産認定

  第5回化学遺産認定

  第4回化学遺産認定

  第3回化学遺産認定

  第2回化学遺産認定

  第1回化学遺産認定

化学遺産市民公開講座

 毎年、春季年会中に開催されます「市民公開講座」では、専門家が最新の認定化学遺産について分かりやすい講演を実施しております。聴講は無料ですのでぜひご参加ください。

   2018/03 第12回化学遺産市民公開講座(予定@日本大学船橋キャンパス)
   2017/03/18 第11回化学遺産市民公開講座 

化学語り部:オーラルヒストリー

「化学遺産委員会」では、著名な化学者にインタビューを実施し、冊子・DVDを作成しております。インタビューの中では多くの領域で世界をリードする我が国の化学分野において、現在に至るまで如何に先導的な立場から研究を指導し、科学技術を生み出し、また、多くの優れた人材を育成してきたのか、などについて伺っております。著名な化学者の姿を映像と音声、小冊子として残すことにより、次代を担う化学者・化学技術者の人材育成の一助となることを願っております。冊子ご希望の方は、お申込用紙にご記入のうえ、メールにてお申込みください。着払いにて送付させていただきます。
 インタビューは次のような項目で行っています。1)生い立ち、2)大学生活の思い出、3)大学教師あるいは企業の指導者としての研究・教育観や交友関係、4)次代を担う若者に対するメッセージ、5)大学や企業、日本化学会に対して感じていること、望むことなど。

お申込用紙は こちら(エクセルファイル)  お申込先 chemarch@chemistry.or.jp

  1. 芝 哲夫 氏  ⇒ 在庫なし
  2. 立花 太郎 氏
  3. 関 集三 氏
  4. 吉田 善一 氏
  5. 鶴田 禎二 氏
  6. 田丸 謙二 氏 ⇒ 在庫なし
  7. 本多 健一 氏
  8. 石坂 誠一 氏
  9. 向山 光昭 氏
  10. 千原 秀昭 氏
  11. 田中 郁三 氏
  12. 山本 明夫 氏
  13. 中西 香爾 氏
  14. 瀬谷 博道 氏
  15.  二郎 氏
  16. 進藤 昭男 氏
  17. 安井 昭夫 氏
  18. 藤原 鎮男 氏
  19. 作花 済夫 氏