日本化学会

閉じる

トップ>化学を知る・楽しむ >化学遺産 >化学遺産

化学遺産

化学遺産とは

平成20年3月発足した「化学遺産委員会」では、現在、(1)我が国の化学・化学技術史に関する歴史的に貴重な資料等の調査・収集・保管、(2)化学関連の研究・技術等で大きな功績を残された高名な化学関係諸先達にインタビューを行い、それを映像と音声及び冊子体で後世に残す事業[化学語り部:オーラルヒストリー事業]、(3)会員及び一般市民を対象とする化学・化学技術史に関する普及・啓発事業の実施[化学遺産市民公開講座・化学史料展示会の開催]、を重点的な活動として行っています。

平成22度からは新たに、(4)世界に誇る我が国の化学関連の文化遺産を認定し、それらの情報を社会に向けて発信する「化学遺産認定事業」を理事会の承認を得て開始することになりました。

化学遺産認定

  第8回化学遺産認定

  第7回化学遺産認定

  第6回化学遺産認定

  第5回化学遺産認定

  第4回化学遺産認定

  第3回化学遺産認定

  第2回化学遺産認定

  第1回化学遺産認定

化学遺産市民公開講座

  2017/03/18 第11回化学遺産市民公開講座 

  2016/03/26 第10回化学遺産市民公開講座~彦馬の写真、 ワグネルの陶磁器など~

  2014/03/29 第8回化学遺産市民公開講座~日本の化学教育・産業の基盤作り~

  2013/03/24 第7回化学遺産市民公開講座:化学遺産認定により日の目を見る史料

  2012/03/25 第6回化学遺産市民公開講座:継続する化学遺産認定

  2010/03/28 第4回化学遺産市民公開講座