日本化学会

閉じる

トップ>活動 >倫理に対する取組み >倫理に対する取組み

倫理に対する取組み

日本化学会会員行動規範・行動の指針

2008年2月理事会で「日本化学会会員行動規範・行動の指針」改定版が承認され、制定されました。これには会員各位が出会う機会の多いと思われる問題の状況をいくつか想定し、それに対して会員が採るべき行動指針を示しています。
会員がこれらに則して真摯に活動すれば、本会が社会から信頼と期待を負託された化学専門家集団としてより一層発展すると期待しています。会員の方々のご理解とご支持をお願い申しあげる次第です。

日本化学会会員行動規範・行動の指針(PDF)

会員の不正行為の調査・審理に関する要領

「日本化学会会員行動規範・行動の指針」改定版の制定に伴い、これに違反する不正行為がなされたと疑われる事件が万一生じた場合に対処する方法を定めました。
この要領制定の趣旨は、この要領が存在ことによって、会員各位の倫理意識をいっそう高めるためです。会員各位が真摯に理解していただいておおいに活動していただくことを願っています。

会員の不正行為の調査・審理に関する要領(PDF)

これまでの取組み