日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.61, No.2

Vol.61, No.2 2013年

ヘッドライン:超高純度金属の化学

高等学校の化学では金属元素ごとにそれらの性質を学ぶが,精錬法や工業用途の学習は軽視されがちである。また金属材料は大学以降では化学と異なる分科と業界へと隔離されてしまう。しかし金属の精錬・高純度化は化学の起源そのものであり,実際に化学として興味深い事象を多く含む。本号では高純度金属高純度銅,高純度アルミニウムの開発,特性,製品への応用,今後の展開などを解説していただく。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧