日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.61, No.8

Vol.61, No.8 2013年

ヘッドライン:昆虫の卓越した能力を化学する

昆虫は何億年もの長き年月に渡って,自らの持つ巧みな技術で生命を繋いできた。その能力に現代のサイエンスのメスを入れると,それが生きた微小電気機械システム(MEMS)でもあることがわかる。我々人間はそのいくつかの恩恵を受けているのも事実である。今改めて,「なぜ?」の多い昆虫の中から,コガネムシなどの光沢ある羽根に見られる偏光性の謎,ハチやハエなどの飛翔昆虫の強靭な筋肉の謎,栄養価の高いハチミツがどうやってできてくるのか,さらにはホタルの発光サイエンスに基づく最先端医療応用など,昆虫に関する『謎と発展性』について,それぞれの専門家に平易にかつ興味深く解説していただく。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧