日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.62, No.10

Vol.62, No.10 2014年

ヘッドライン:神秘的な音を化学する

聴き手の心を和ませる曲や高揚させる曲などいろいろな曲が作られてきたが,それらは楽器の作る周波数と強度が異なる複数の空気の振動の重ね合わせで構成されている。楽器が作る特徴的な空気振動は,楽器の構造や素材,作り方に強く影響を受ける。本ヘッドラインでは,ストラディバリウスがバイオリンの名器と言われる理由や,日本固有の鉱物で作った石琴の音色,クモの糸で作る弦が奏でるバイオリンの音,高分子フィルムで作る新型スピーカーについて,素材の物理化学的特性に重点を置いてわかりやすく解説する。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧