日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.62, No.12

Vol.62, No.12 2014年

ヘッドライン:化学教育における連携を考える

中学校で学んだ理科は高校の化学へと発展し,大学入試,さらには大学教育の基礎へつながっていく。本ヘッドラインでは,中・高・大の間で化学教育に求められることを挙げ,それぞれの立場での意見交換を行うとともに,積極的な参加型授業実現のための支部活動の現状や中高一貫校での教育の工夫などについて紹介する。また,中高大で学んだ化学が社会に旅立つときにどのように役立つのかを議論する。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧