日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.62, No.3

Vol.62, No.3 2014年

ヘッドライン:隙間の化学

グラファイト,粘土鉱物,ゼオライトなどの"隙間"をもつ物質は,吸着,分離,貯蔵,触媒などの多様な機能性材料として古くから利用されてきた。近年では,人工的に化学結合が制御された,ナノスケールの空間をもつ多孔性配位高分子などの高機能な材料も精力的に開発されている。本企画では,隙間をもつ4 種の物質を取り上げ,その基礎的な事項から身近な応用例,最近の研究成果を紹介し,"隙間の化学"の面白さを伝えたい。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧