日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.62, No.7

Vol.62, No.7 2014年

ヘッドライン:第21 回化学教育フォーラム「理科教育における産学連携の可能性」

我が国の新しい学習指導要領は21 世紀を切り拓く心豊かでたくましい日本人の育成を目標にしている。また科学技術立国日本の未来を担う人材確保のため,体験的な理科の学習が重視されている。それらの実現のためには,理科教育の現場で実社会や実生活と理科との関連性を児童・生徒に体感させることが有効である。しかし学校現場では,産業における生産現場の見学などの体験的な学習は必ずしも取り入れられているとは言えない状況にある。本フォーラムでは,すでに学校現場と産業界が連携し,教科書では学ぶことのできない体験的なプログラムを実施している事例を紹介し,学校現場と産業界の連携の在り方,双方に意義のある関わり方について考察したい。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧