日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.62, No.8

Vol.62, No.8 2014年

ヘッドライン:物理定数やさまざまな基準はどのように決まったのか

高等学校の化学では,さまざまな定数が扱われている。例えば化学を学ぶ上で極めて重要なアボガドロ定数は,現在の定義では測定により決まる量であり,今後より厳密な定義を採用することが検討されている。水溶液中の反応としてなじみの深い水のイオン積も,どのように決定されているのかはあまり知られていない。また,温度や圧力については単位系により様々な表し方があるが,国際単位系ではどういう基準で決定されているのだろうか。本企画では,高校化学で接する「アボガドロ定数」「水のイオン積」などの定数や,「温度」「圧力」といった物理量の基準の決定についての背景や,今後の動向について紹介する。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧