日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.65, No.5

Vol.65, No.5 2017年

ヘッドラインテーマ:皆から嫌われるモノの化学―こんな利活用もある―
 私たちの生活の中には避けてしまいたいアイテムがあり,本質的にその生物が保有する化学物質等が原因となっているケースも少なくない。本企画では毒を有する動物や植物とその利用法などを概説した上で,どなたもよくご存知のアイテムを3 つ取り上げた。毒を保有するが美味しいフグと日本で根付いた食文化,刺されると痛いクラゲとその利用法への努力,そして日常生活では嫌われているが実は発酵作用をうまく活用すれば美味しい食品として発酵作用の利点もあるカビである。それぞれの専門家の立場から,毒素や問題となっている物質の本質とともに,その利活用の視点も含めて,具体的に平易でわかりやすく解説していただいた。

問合せ先 / 購読案内

化学と教育 最新一覧