日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.66, No.2

Vol.66, No.2 2018年

ヘッドラインテーマ:ここまで進んだ石油・石炭・天然ガス・バイオマス利用の化学―天然資源化学への展開 
 再生可能エネルギーは究極のクリーンエネルギーといえるが,私たちの暮らしを支える主要エネルギー源・化成品原料は,依然として化石資源に基づいている。また,化石資源利用の主役であった「石油化学」は,天然ガス,石炭,バイオマスなどを幅広く含む「天然資源化学」に発展しており,シェールガス革命にみられるように,化石資源に関わる世の中の事情も刻々と変化している。今回は,化石資源利用のホットな話題について,専門の方に解説していただいた。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧