日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と教育 >Vol.67, No.5

Vol.67, No.5 2019年

ヘッドラインテーマ:目に触れることがほとんどない材料の凄い技術
現在,私達の生活の中には,物が溢れ,情報も豊富で,いろいろなアイテムがネットワークで複雑に結ばれており,それがいつどこででも機能されるユビキタスな社会システムになりつつある。そのような社会を底辺から支える材料技術がいくつもあることをご存知だろうか? 時代の流れに沿って,その材料へ要求される仕様(能力)も高いレベルになると同時に,それらの仕様を満たす技術的な工夫も日進月歩で進化してきており,材料発明なども含め,幾多の壁を乗り越えてきた経緯がある。今回は,上記のように人知れず長く継続的に開発され続けてきた『目に触れることがほとんどない材料の凄い技術』に焦点をあて,その「縁の下の力持ち」的な機能と役割を,それぞれの専門家の立場から,簡潔にご紹介頂く。

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

化学と教育 最新一覧