日本化学会

閉じる

トップ>活動 >日本化学会各賞 >平成28年度募集要項

平成28年度募集要項

本会では平成28年度の下記各賞の候補者を募集しております。下記事項ご参照の上、候補者を奮ってご推薦くださいますようお願いいたします。
なお、Macで書類作成の際には書式が崩れる可能性があります。pdfファイルも掲載しましたので、ご提出前に書式が変わっていないかご確認ください。

日本化学会賞

授賞対象

本会会員であって、化学の基礎または応用に関する貴重な研究をなし、その業績が特に優秀な者。すでに他の賞を受賞した者も授賞対象とする。なお、学術賞の受賞者で、学術賞受賞後さらに顕著な業績を挙げた場合には、その部分について学会賞の授賞対象とする。

授賞件数

6件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



学術賞

授賞対象

本会会員であって、化学の基礎または応用のそれぞれの分野(①物理化学系(物理化学・工業物理化学)、②無機・分析化学系(無機・分析化学、無機工業・工業分析化学)、③有機化学系(有機化学・有機工業化学)、④材料化学・高分子化学系、⑤天然物化学・生体関連化学系(含医農薬)、⑥複合領域(含情報・計算機化学、地球化学、環境化学、資源・エネルギー))において先導的・開拓的な研究業績を挙げた者。論文の数というよりは、論文は少数でも優れた業績を挙げ、受賞対象となる研究に関する論文を本会会誌(注)、またはThe Chemical Record に1報以上発表している者に授与。学会賞を除く他の賞を受賞した者も授賞対象とするが進歩賞の受賞者で、その受賞対象の主要部分が同一の場合は授賞対象としない。
(注)本会会誌の定義:Bulletin of the Chemical Society of Japan 及びChemistry Letters

授賞件数

12件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



進歩賞

授賞対象

本会会員であって、化学の基礎または応用に関する優秀な研究業績を挙げ、受賞対象となる研究に関する論文を本会会誌(注)、またはThe Chemical Record に1報以上発表し、年齢が受賞の年(平成29年)の4月1日現在において満37歳に達していない者。
(注)本会会誌の定義:Bulletin of the Chemical Society of Japan 及びChemistry Letters

授賞件数

10件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



女性化学者奨励賞

授賞対象

化学の専門性を活かした学術研究に傑出した業績と貢献がある者で、社会貢献にも努め、国内外での研究活動・交流を通して我が国の女性化学者の地位向上に寄与し、将来の科学者・技術者を目指す学生や若手研究者の目標となる本会女性の会員を対象とし、年齢が受賞の年(平成29年)の4月1日現在において満40歳に達していない者。なお、既に他の賞を受賞した者も授賞対象とする。

授賞件数

2件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



化学教育賞

授賞対象

原則として本会会員であって、国際的または全国的視野において化学教育上、特に顕著な業績または功績のあった者。

授賞件数

3件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



化学教育有功賞

授賞対象

本会会員に限らず、化学教育に従事し、その組織または地域において教育上顕著な業績または功績のあった者、もしくは独創的な着想に基づく教育や評価方法の考案によって教育上顕著な貢献のあった者。

授賞件数

5件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



化学技術賞

授賞対象

本会会員に限らず、我が国の化学工業の技術に関して特に顕著な業績のあった者。個人を対象とするが、同一業績について5名以内の連名で受賞することができる。また、同一人が異なった業績で重ねて受賞することができる。

授賞件数

5件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



技術進歩賞

授賞対象

受賞時に本会会員であって、工業化の可能性のある独創的な化学技術を開発し、年齢が受賞の年(平成29年)の4月1日現在において満40歳に達していない者。グループによる共同研究の場合、3名以内の連名での受賞が可能。ただし年齢は全員が受賞の年の4月1日現在において満40歳に達していない者。

授賞件数

3件以内

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



化学技術有功賞

授賞対象

本会会員に限らず、化学及び化学技術に関連する研究支援の業務をもっぱらとする者で、装置・器具の開発・改良、特殊技能などにより、特に貢献のあった者。個人を対象とするが、同一業績について3名以内の連名で受賞することができる。

授賞件数

若干数

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)



功労賞

授賞対象

本会会員であって、本会の事業・運営等の活動に対し、顕著な功績があると認められる者。

授賞件数

若干数

推薦方法(doc) 推薦方法(PDF)




推薦書の提出先・締切日・推薦資格者

日本化学会賞、学術賞、進歩賞、女性化学者奨励賞、化学教育賞、化学教育有功賞

  • 提出先
    候補者が所属する支部の事務局。候補者、推薦者共に所属支部にご提出ください。支部の締切日は下記の通りです。詳しくは各支部事務局へお問合せ下さい。
  • 提出締切日(必着)
    北海道支部   7月15日(金)
    東 北支部   7月15日(金)
    関 東支部   7月26日(火)
    東 海支部   7月22日(金)
    近 畿支部   7月26日(火)
    中国四国支部  7月15日(金)
    九 州支部   7月15日(金)

化学技術賞、技術進歩賞、化学技術有功賞

  • 提出先
    本会事務局総務部賞係
  • 提出締切日(必着)
    8月31日(水)
  • 推薦資格者
    本会役員、支部役員、前(元)会長、本会会誌編集委員長、法人正会員、化学関係学協会会長及び化学工業関係工業会会長、各部会長及び各ディビジョン主査

功労賞

  • 提出先
    本会事務局総務部賞係
  • 提出締切日(必着)
    9月30日(金)
  • 推薦資格者
    役員、各部門、各委員会、各支部、各部会及び各ディビジョン等の長

お問合せ先

  • 推薦書提出に関する窓口
    日本化学会 各支部事務局

  • 総合の窓口
    :日本化学会 総務部賞係
    101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 
    電話(03)3292-6161 FAX(03)3292-6318 e-mail : award@chemistry.or.jp