日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と工業 >Vol.59,No.5

Vol.59,No.5 2006年

特集: アルコールの酸化―高効率酸化触媒の開発へ向けて

アルコールの酸化は,極めて重要な単位反応の一つであり,高効率・高選択的な酸化剤の開発に向けて現在も幅広い検討がなされている。本特集では,特に触媒的アルコール酸化反応の研究に取り組む研究者にご執筆をお願いし,効率のよい反応系を構築するための指針および触媒の構造と反応性(反応効率,基質選択性,官能基選択制など)との相関を含め,最新の成果について有機合成化学の立場から解説していただきます。

 

OVERVIEW:

多様化する視点
日本における深海生物研究の今

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

掲載申込みの手引き

化学と工業 最新一覧