日本化学会

閉じる

トップ>会誌・図書 >化学と工業 >Vol.64,No.1

Vol.64,No.1 2011年

特集: 2010ノーベル化学賞受賞記念特集
クロスカップリング反応の軌跡

「Pd-Catalized Cross Couplings in Organic Synthesis」への貢献に対して,鈴木章名誉教授(北海道大学),根岸英一教授(パデュー大学),Richard F.Heck名誉教授(デラウェア大学)らにノーベル化学賞が授与された。3名の受賞者中2名が日本人化学者であるが,受賞理由書には,守谷‐藤原,山本,溝呂木,玉尾‐熊田,村橋‐守谷,小杉‐右田ら,多くの日本人化学者の名前が挙げられており,クロスカップリング反応の発展に対する日本人化学者の貢献度の高さがあらためて内外に示された。また,Pd触媒反応の分野では,,薗頭‐荻原,檜山ら日本人の名前を冠する人命反応が数多く知られている。これら人名反応の発見者達から,発見の経緯やエピソード,反応に対する想いを語っていただくことによって,鈴木‐宮浦反応,根岸反応発見の歴史的背景やその軌跡を俯瞰したい。

 

OVERVIEW:

極地の化学
極地の雪と氷から生み出されるもの

問合せ先 / 購読案内 / 広告募集

掲載申込みの手引き

化学と工業 最新一覧